旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮DETAIL

旧永山武四郎邸

明治前半期の北海道の和洋折衷上流住宅の好例であり、日本近代住宅史を考える上で高い価値を有しています。
三菱合資会社の買収後は、重役専用の宿泊や札幌出張員事務所として使われました。重厚かつ簡素な意匠で、和洋折衷住宅成立の模索過程をよく伝えています。

旧永山邸 応接室

照明の上部にあるメダリオン(天井中心飾り)にはモミジが描かれています。

応接室天井のメダリオン(天井飾り)

旧永山邸 表座敷

付け書院等を構えた15畳の和室。縁側からは四季折々の庭園の景色が眺められます。

旧三菱鉱業寮

炭鉱経営、金属鉱業などを行っていた三菱鉱業株式会社によって昭和12年頃に建築されました。このような民間企業の倶楽部が現存する例は道内に少なく、高い産業・文化史的価値を有しています。妻破風のハーフティンバー・モチーフ、丸窓など、昭和前期のモダンな洋館デザインが見られます。

れきしの部屋

旧永山邸・旧三菱鉱業寮の歴史をパネルやデジタルサイネージで紹介しています。

みんなのギャラリー

地域をテーマにした写真や絵画等の展示スペース。特徴的な丸窓も見どころです。

ホール

窓からは永山記念公園の緑が眺めることができる居心地の良い空間です。

まちの図書室

旧永山邸の建物や札幌・北海道の歴史に関する図書を閲覧することができます。

和室

広さの異なる3つの和室があり、会合やイベント等に使用することができます。

和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト

ナガヤマレストは、旧永山武四郎邸と同じく、和洋折衷と懐かしい洋食、そして今の時代のお料理の融合をテーマにしています。この場所でひとときを過ごしていただくことで、文化財を疎遠なものでなく、生活の中で関わりのある身近な場所だと
感じていただきたいと思っています。

和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト(旧三菱鉱業寮1階)
◆営業時間(6月23日オープン ※毎月第2水曜日休館日は定休日)11:00-22:00(フードLO 21:00 ドリンクLO 21:30)
◆メニュー
ナガヤマブレンド、カフェラテ、紅茶、ココア、北海道熟成茶、
いちご牛乳、オレンジジュース、
ビール、ハイボール、
ビーフシチュー、永山邸カレー、スパゲティナポリタン、
ピザトースト、厚焼き卵のサンドイッチ、牛ヒレカツサンド、
コーンスープ、オニオングラタンスープ、ソフトクリーム、フルーツパフェ など


札幌市の文化財情報

◆文化財を見に行こう!
このサイトには、文化財・郷土資料館を探すための「検索サイト」、それぞれの文化財・郷土資料館に行き着くための情報を
掲載した「詳細のページ」、一度にたくさんの文化財・郷土資料館を見たいときの「おすすめコース」などがあります。

◆札幌の文化財(web版)
市内にある文化財を写真付きで紹介しています。(内容は平成29年1月1日現在の情報です)



旧永山邸ホームページウェブアクセシビリティ方針

当館のウェブサイトでは、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。
※ウェブアクセシビリティ
高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味する(総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年度版)」より)。
【対象範囲】
旧永山邸のホームページ「https://sapporoshi-nagayamatei.jp/」全体
【例外事項】
以下については対象範囲外とします。
・Facebook、Mixi、はてなブックマーク、Google+、twitterのSNSボタンやgoogleマップを含む外部サービスから提供されるコンテンツ。
ただしgoogleマップで提供される地図情報については可能な限りテキストでの代替情報を提供するようにいたします。
・PDFファイル
可能な限り達成基準に配慮して作成いたしますが、現状ではすべてのPDFファイルへのウェブアクセシビリティへの対応は、情報量および技術的な観点から困難なため、対象範囲に含めません。
・動画を掲載するページ
動画ファイルについては、可能な限りテキストでの代替情報を提供いたしますが、現状ではすべての動画ファイルへのウェブアクセシビリティ対応は困難なため、当該ページは対象範囲に含めません。

フォトギャラリーGALLERY

▲ページトップへ戻る

札幌市旧永山武四郎邸及び札幌市旧三菱鉱業寮

住所:札幌市中央区北2条東6丁目
TEL:011-232-0450
開館時間:9:00~22:00
休館日:毎月第2水曜日、年末年始

指定管理者

NC・MMS永山邸等運営管理共同事業体