永山邸とは?

北海道開拓の祖が暮らした邸宅
和洋折衷の建築様式の先駆け

明治10年代前半に建てられた、第2代北海道庁長官・永山武四郎の私邸。ツツジやイチイの木が茂る庭園に囲まれて建つ邸宅の内部は、純和風書院座敷と洋風応接室がつながる和様折衷様式。隣接する旧三菱鉱業寮は、昭和12年に増築されたもの。旧永山武四郎邸と旧三菱鉱業寮は、明治前半期・昭和期の時代様式をそれぞれよく表しており、それらが共存している点でも建築的価値が高い建物。

入館案内

開館時間:9:00~22:00

観覧時間:9:00~22:00
貸室使用時間:9:00~21:00

休館日:毎月第2水曜日
(祝日の場合はその翌日)、年末年始
入館料:
無料
住 所:
札幌市中央区北2条東6丁目
駐車場:
なし
電 話:
011-232-0450

札幌市旧永山武四郎邸及び札幌市旧三菱鉱業寮

住所:札幌市中央区北2条東6丁目
TEL:011-232-0450
開館時間:9:00~22:00 休館日:毎月第2水曜日、年末年始

指定管理者

NC・MMS永山邸等運営管理共同事業体(代表企業:株式会社ノーザンクロス)

6428